1 平成27年度
1.34 2015.8.6 13:00~16:10「わかる!遺伝の規則性とDNA」

講座「わかる!遺伝の規則性とDNA」実施報告

 

日時:平成27年8月6日(木)13:00~16:10

場所:教育学部B棟4階 生物学第1実験室

講師:日比野 拓 (埼玉大学教育学部 准教授)

受講者:7名

領域:II CST観察実験

概要:教科書の改訂により、これまで高校生物の内容だったメンデル遺伝が中学校理科の教科書に掲載されるようになりました。授業の前半では、講義形式をとり、メンデルの生い立ちや、エンドウを実験に用いた理由などを説明しました。また、メンデルが明らかにしたことの中で何が重要であったのか、そしてメンデルの発見が後生に与えた影響についても解説いたしました。

講義の後は、中学校理科の教科書に写真のみ掲載されている、ブロッコリーからDNAを抽出する実験を実際に行ってみました。DNA抽出には特別な試薬や機器は必要なく、機器については家庭にあるミキサーやポット、試薬について中性洗剤や食塩などを使用しました。エタノールを加えるとDNAの繊維が析出してくるところを、すべての受講生が観察することができました。最後に、析出してきたものを酢酸オルセインで染色することで、これが核酸であることを明らかにしました。

(文責 日比野)

 

Skip Table of contents

Table of contents

Skip Settings

Settings

  • Book administration