2 平成26年度
2.37 2014.10.15 9:30~17:30 講座「荒川河川敷周辺の生態系と昆虫観察」

講座「荒川河川敷周辺の生態系と昆虫観察」実施報告

 

日時:平成261015日(水)09:3017:30

場所:生物学実験室,学内ビオトープ,秋ヶ瀬公園(ピクニックの森周辺)

講師:林 正美(埼玉大学教育学部)

受講者:3名(教員2名、学生1名)

領域: CST観察実験

内容: 「生物と自然の関わり」というテーマで,自然環境の成り立ちや諸要因の関わりについて講義および実習を行った。とくに,自然環境を理解する上で重要でありかつ身近である生物多様性(生物群集)に注目すべきことを示した。午前中は,生物多様性およびそれを理解する過程について約1時間講義し,まずは地域のインベントリー調査(生物目録作成)の重要性を強調した。続いて,学内のビオトープを見学し,絶滅危惧植物はじめいくつかの生き物を観察した。午後は秋ヶ瀬公園で実習(13:0015:00)し,荒川氾濫原の生物について,木本植物を中心に観察した。その後,再び生物学実験室に戻り,実習内容の復習および再確認をした上で,現場で観察・撮影した写真類を図鑑類などで分類・確認し,レポート作成のための基礎資料とした(15:3017:30)。

  

  

   

 

(文責:林 正美)

Skip Table of contents

Table of contents

Skip Settings

Settings

  • Book administration