2 平成26年度
2.51 2014.12.6 13:30~15:00「身近な柑橘系の香り成分を取り出そう」(「科学者の芽」講座)

講座「科学者の芽育成プログラム」

「身近な柑橘系の香り成分を取り出そう」(講義) 実施報告

日時:平成26年12月6日(土)13:30~15:00

場所:埼玉大学 全学講義棟1号館4階 化学実験室

講師:埼玉大学 大学院理工学研究科 准教授 長谷川登志夫

受講者:CST受講生出席数:1名  小学校教諭 1名 

領域: Ⅳ CST才能育成・科学研究指導法

概要:レモンなどの柑橘類の香りのもとは,その皮の中にあります。香りのもとは,独特な香りを持つ分子がたくさん集まって作られています。その成分の90%以上は,リモネンという名前の有機分子です。この成分と他の多数の成分が加わることで,柑橘類それぞれの独特の香りが作られています。2種類の柑橘類(レモンと参加者が持参した柑橘類)の香りの成分を取り出して,柑橘類の香りのもとを確かめてみました。この実験と合わせて,香りを人間が感じる仕組みについても解説しました。

Skip Table of contents

Table of contents

Skip Settings

Settings

  • Book administration